芸能界デビューのきっかけはSNS…話題の高校生続々!韓国デビューも!「マツコ会議」(2020年6月27日放送)

見逃し視聴動画有り

芸能界デビューのきっかけはSNS…話題の高校生続々!韓国デビューも!「マツコ会議」(2020年6月27日放送)

「マツコ会議 」の番組詳細

きかっけはSNS!“高校生でデビューする若者”を深堀り

三人のSNSでデビューした高校生を紹介。まいきちは中学3年生で歌手デビュー。Tik Tokという動画のアプリで事務所に声をかけてもらい、元々歌手になるのが夢で、オーディションに落ち続けていたという。中1で知名度をあげるためにTik Tokを開始。大人顔負けの表現力で話題に。きっかけになった動画を紹介。しかしそこに本人の声はなく、まいきちは本人の声がない動画でスカウトを受けたという。まいきちはその中でアカペラで歌う動画を載せていたと答えた。そして地声で歌う動画を紹介した。

さなりはラップアーティストで、作詞作曲編曲もやっているという。 マツコはその曲に対し男女の儚い恋の曲を歌っているが、そういう経験が今の子は早いと答え、今日のゲストは皆気負っていないのが凄いと答えた。さらに昔で考えると田舎からでてきてこんな感じではないと答えた。さなりは自分のルーツはYou Tubeと答え、小3でYou Tubeで毎日動画を投稿。オンラインゲームの実況や、ドッキリ企画を配信。2年間にアップした動画は700本以上。その収益でパソコンを購入しSKY-HIの影響でラップにドハマリ。楽曲の制作を開始し、ネットにアップし続けていた40曲があったが、レコード会社主催のオーディションに合格した。マツコはYou Tubeに動画を上げ続けているのが凄いと述べ、自分たちの時代は朝顔日記さえもつけられなかったと答えた。さなりは編集も自分でやり、勝手に覚えていたと答え、自分にとってはテレビがYou Tubeだったと答えた。マツコはこの世代の人間たちを理解するには常に触れ合っていないと理解できないと答えた。

タルちゃんは小学生からダンスを習い、少女時代のファンだったが中学1年生の時に韓国の芸能事務所が開催する日本オーディションに参加。約2万人の中で1人だけ合格した。単身韓国に渡り1人だけ韓国へ。しかし二年後に環境の変化に慣れず帰国。しかし再び韓国でオーディションに参加。韓国の大手事務所から今年デビュー予定だという。タルちゃんは世界的に活躍できるようになりたいと答えた。マツコは日本のアイドルは男のオタクファンにお金を出してもらうことをメインに考えるが莫大な金額を稼げるがBLACKPINKはその比じゃないほど稼いでいてカッコイイ女の子を見せている。それが日本にはないと述べ、何の要素があってテレビを見るのか?となったらなにもないと答え、マツコは若者がテレビを見ない理由はものすごく単純だと答え、テレビが面白いことを見せなければいけないと述べた。

出演者(マツコ会議 )

マツコ・デラックス

出典:日テレ

見逃したドラマ、バラエティを観るならU-NEXTがオススメ!

初回2週間無料トライアル
見放題の動画がなんと140,000本!!
雑誌も読み放題
マンガ、書籍も読み放題
ダウンロードが便利(映画や雑誌を持ち出そう)
最大4人同時視聴可能
最新作がどこよりも早く視聴が可能
ポイントサービスが充実

芸能界デビューのきっかけはSNS…話題の高校生続々!韓国デビューも!「マツコ会議」(2020年6月27日放送)【見逃し無料視聴動画】

見逃した方、無料動画を視聴はコチラ