正体不明の仮面YouTuber“ラファエル”が登壇!後編「しくじり先生」(2020年5月18日放送)

見逃し視聴動画有り

正体不明の仮面YouTuber“ラファエル”が登壇!後編「しくじり先生」(2020年5月18日放送)

「しくじり先生 」の番組詳細

超過激な違反動画でアカウント停止 仮面YouTuber ラファエル先生

2016年、ラファエルは事務所と契約。事務所に所属すると企業案件がくる。ラファエルは最低500万円だと話した。いまはテレビとネットの広告費が逆転しており、どっちにいたほうがいいかは明確だと話した。ラファエルは2017年に会社を退社した。ラファエルは「生涯賃金を稼げる目処が立つまで今いる会社は辞めるな!」と教訓を送った。

ラファエルは2018年に“素手で車を壊せるまで帰れません!”という動画を投稿したが大炎上し、車メーカーからもクレームがきたという。反省したラファエルは続いて“軽自動車をボコボコにする動画”を投稿した。ほとぼりが冷めた頃、ラファエルは“ホームレスに100万円渡したらどうなるか?”という動画を投稿し、炎上した。当時のラファエルは爆上がりした生活レベルを下げたくないという考えから炎上する動画をあげ続けていた。動画はより過激にエスカレートし、“風俗嬢のパネルと実物の一致率を検証”する動画などをあげた。

2019年1月、ラファエルはアカウント停止となる。チャンネル登録者数はゼロになり、今までの動画はすべて削除、損失は5000万円以上だという。その時にラファエルは、気づかない内に自分がバカにしていたYouTuberみたいになっていたことに気づいたという。ラファエルは過激動画を謝罪する動画を投稿。新たなチャンネルではルールに則ったクリーンな動画を投稿している。“彼女とお寿司屋さんに行ったらカウンターに元カノ全員がいるドッキリ動画”が人気だという。これもやらせだと明かした。ラファエルのアカウント停止はネット記事になり知名度が爆発的に上がった。それにより一部上場企業の社長などからの会食の依頼が毎日のようにきたという。ラファエルはどこかでクリーンに変えて行きたかったのでアカウント停止されたのはよかったと話した。

出演者(しくじり先生 )

担任
若林正恭(オードリー)
レギュラー生徒
吉村崇(平成ノブシコブシ)
先生
ラファエル
生徒
アンジェラ芽衣・井桁弘恵・澤部佑(ハライチ)・横山由依(AKB48)

出典:テレビ朝日

見逃したドラマ、バラエティを観るならU-NEXTがオススメ!

初回2週間無料トライアル
見放題の動画がなんと140,000本!!
雑誌も読み放題
マンガ、書籍も読み放題
ダウンロードが便利(映画や雑誌を持ち出そう)
最大4人同時視聴可能
最新作がどこよりも早く視聴が可能
ポイントサービスが充実

正体不明の仮面YouTuber“ラファエル”が登壇!後編「しくじり先生」(2020年5月18日放送)【見逃し無料視聴動画】

見逃した方、無料動画を視聴はコチラ