日本の大大大問題 春の一斉調査「月曜から夜ふかしスペシャル」(2020年4月13日放送)

見逃し視聴動画有り

日本の大大大問題 春の一斉調査「月曜から夜ふかしスペシャル」(2020年4月13日放送)

「月曜から夜ふかし 」の番組詳細

スタジオトーク

今回は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため多くのスタッフやカメラ、スタイリストやメイクさんが集まる通常の収録をやめ安全に配慮したうえで村上、マツコの音声のみを届ける。

大阪府 字が下手すぎる石碑問題

江戸時代、幕府が船の管理などをしていた事を示す初代大坂船奉行所跡の石碑の字が下手すぎる問題を調査。此花区郷土史研究会の皆さんは誰も下手とは言わずその理由は橋下さんに忖度しちゃってる問題につながった。

東京都 猫よけペットボトル問題

最近ネットで話題になった猫よけペットボトルはスペインで売られている高級水。この写真が撮られたのは世田谷区だった。

長野県民の特殊能力問題

標高の高い町に住む長野県民は自宅の標高が言えるという。県内には標高標識がいたる所に設置されているため自宅の標高を知る事が出来る。

富山県 畑のドア問題

富山県藤木にある畑のドア問題を調査。

愛知県 ネズミ公園問題

愛知県春日井市の著作権侵害問題を調査。上空から見ると夢の国のネズミの顔に見え、ネズミ公園やミッキー公園と呼ばれている。

滋賀県 イナズマ教習車問題

滋賀県の自動車教習所で全面イナズマラッピングをした車を使っていた。だが滋賀ナンバーの「滋」のデザインを京都府民がゲジゲジとバカにしていた事でそれを払拭しようと滋賀県民はイナズマナンバーと呼ぶようになった。

福井県 カニのむき方問題

福井県民は道具を一切使わずカニが剥ける事を検証すると爪で身を押し出した剥いていた。

若者 封筒の宛名 どう書いていいか分からない問題

若者が出来ない事シリーズ、前回は若者は留守番電話が苦手という問題を取り上げたが今回は「若者 封筒の宛名 どう書いていいか分からない問題」を取り上げる。

徳島県 キレるワンちゃん問題

徳島県からは「キレるワンちゃん問題」。片岡悠平さんの犬・三太はご飯を食べ終わったあと噛み付いてくる。三太が小さい頃ふざけてご飯を隠したことが原因。

静岡県 地味なのに怖い遊具問題

静岡県からは「地味なのに怖い遊具問題」。豊田池田の渡し公園にある上に乗って回る遊具は、斜めに設置されているためかんたんに止めることはできない。

島根県 鳥がうるさい動物園問題

島根県から「鳥がうるさい動物園問題」。「松江フォーゲルパーク」で飼育員がうるさいと感じた鳥を順位付けた「鳴き声ランキング」が話題に。

新潟県 良寛 呼び捨てにしない問題

新潟県から「良寛 呼び捨てにしない問題」。平等に人々を愛した名僧・良寛を県民は「良寛さん」と呼ぶらしい、という噂を検証してみると、たしかに全世代が「良寛さん」と呼んだ。

松山市 坊っちゃんに頼りすぎ問題

松山市からは「坊っちゃんに頼りすぎ問題」。「坊っちゃん」の舞台・松山市ではあらゆるものが坊っちゃんに便乗していた。

松山市 坊っちゃんに頼りすぎ問題

「そんなに坊っちゃんを読んだ事がない問題」を検証。

愛知県 変わった呼び名問題

愛知県からは「変わった呼び名問題」。三河地方の人々はアイスの棒を「ホセ」と呼ぶ。

大阪人が東京に行って衝撃を受けるモノ

「大阪人が東京に行って衝撃を受けるモノ」を伝えた。大阪の桜餅は丸くもち米で餡が中に隠されているが、東京の桜餅は薄く焼いた生地で餡を巻いている。

広島県 くま推しの公園問題

広島県から「くま推しの公園問題」。呉市の文化新開公園ではクマを推しているが、飾られたオブジェはどう見てもパンダにしか見えなかった。

大分県 パンダに見えない遊具問題

大分県から「パンダに見えない遊具問題」。北下郡公園にはアシカにしか見えないパンダの遊具がある。大分市役所の担当者は「カタログにパンダと書いてある」と主張した。

愛知県 持ち帰りが難しすぎるお菓子問題

愛知県から「持ち帰りが難しすぎるお菓子問題」。名古屋銘菓「ぴよりん」は崩れやすいというおみやげとして致命的な弱点があった。客の間で崩さずに持ち帰れるかという「ぴよりんチャレンジ」がSNSで流行していた。

外国人問題(1) 日本語の覚え方問題

日本に住む外国人問題を調査。まずは日本語の覚え方問題について街で聞き込み調査をすると「日本の学校に通う娘から教わる 」などの声が聞かれた。外国人の日本語レベルは様々で、日本語能力試験が1つの目安となる。就職する際基準になることも多い。街の外国人からは「N3レベルになればコンビニでも通用する」との情報があった。N2レベルの女性はOLとして働いており「立替金」という言葉を覚えていた。

外国人問題(2) 日本で何の写真を撮ってるんだ問題

続いて「日本で何の写真を撮ってるんだ問題」を街の外国人に調査。味噌汁の動画や原宿のローラー族の動画といった動画が撮影されていた。

外国人問題(3) 各国の外国人あるある

「各国の外国人あるある」を街の外国人に調査。フィリピン人はキリスト教徒が多く「夫婦で乗り越える」という考え方を大切にするため、フィリピン人同士の離婚は原則認められていない。日本人と結婚した場合は日本の婚姻制度が適用されるため離婚が可能。

外国人問題(4) 生活する上での様々な問題

「生活する上での様々な問題」を街の外国人に調査。「タイカレー以外食べられない」「誰も隣に座ってくれない」「Tポイントカードお持ちですか?と聞かれない」「コンビニ行くと必ずスプーン入れられる」などの声が聞かれた。

桐谷さん70歳にしてマイホームを購入しようとしている問題

株主優待だけで生活する桐谷さんに半年ぶりに密着。桐谷さんは3億円以上の株を保有する投資家で、日々の生活を株主優待券で賄っている。桐谷さんは近況について、かつて恋していた演歌歌手・山口かおるさんとの失恋を乗り越えたことを明かした。そんな桐谷さんだが、近年はマンションの購入を検討しているという。

桐谷さんの真夜中の過ごし方を紹介。株価情報やニュースを見た後に食事を行い、4:30にはリンゴを食べながら朝刊を読む。7時には洗顔を行い、その30分後にはCDを流しながら就寝。2時間後には起床し、身だしなみを整える。

マンションの購入を検討していた桐谷さんだが、コロナウイルスによる講演の中止により現金収入はほぼゼロという状態に。更に、株価の動揺により1億円以上の資産が消失。この状況ではマンションの購入も難しいとして、マイホームは一旦保留となった。

フェフ姉さん横綱への道

以前の放送で北海道の女相撲大会に出場したフェフ姉さん。結果は一回戦敗退。静岡への出稽古では、12歳の全日本チャンピオンに敗れた。そんなフェフ姉さんの特訓企画。足腰を鍛え、体質改善するため、今回はキックボクシングに挑戦。3月1日、トレーニング開始。ローラも通っていた恵比寿のジムで、元世界チャンピオンの新田さんから指導を受けた。縄跳び、ミット打ちなどを行い、9日後、フェフ姉さんは別人になっていた。

フェフ姉さんは幸芽ちゃんとのリベンジマッチに挑み、わずか5秒で敗れた。お世話になった新田さんに、泣きながら結果を報告。フェフ姉さんの横綱への道は続く。

「月曜から夜ふかしスペシャル」 予告動画

【公式】 4月13日(月)21時からは「月曜から夜ふかし春の日本の大大大問題一斉調査」2時間SP!!全国御当地問題&桐谷さんマイホーム購入を決意!?&フェフ姉さん横綱への道

出演者(月曜から夜ふかし )

村上信五(関ジャニ∞)、マツコ・デラックス

出典:日テレ

見逃したドラマ、バラエティを観るならU-NEXTがオススメ!

初回2週間無料トライアル
見放題の動画がなんと140,000本!!
雑誌も読み放題
マンガ、書籍も読み放題
ダウンロードが便利(映画や雑誌を持ち出そう)
最大4人同時視聴可能
最新作がどこよりも早く視聴が可能
ポイントサービスが充実

日本の大大大問題 春の一斉調査「月曜から夜ふかしスペシャル」(2020年4月13日放送)【見逃し無料視聴動画】

見逃した方、無料動画を視聴はコチラ